1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 01:12:43.79 ID:BoOhVN19O


巨人が急に消え、一転平和になった世界で生活する、ジャンの一人称で語られるお話を考えました!

時系列や設定がめちゃくちゃですが
あくまでもifのお話なので目を瞑っていただけたら幸いですorz


何分始めてなので粗ばかりが目立つと思いますがそれでも読んで頂ける方がいらっしゃったら嬉しい限りです( ゚д゚)






引用元

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1375978363/






2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 01:19:13.79 ID:BoOhVN19O


巨人がこの世界から姿を消してもうすぐ6年になり、俺は今年21になる。


今でも仰々しくそびえるでかい壁を家の窓から眺めながらあれこれ考える。



馬を操る手綱の感触がどうだったかとか


汗を吸わず常に大粒の水滴が内側を覆った皮革製のグローブの不愉快さやら

アンカー射出用のトリガーを握り込んだ時のガシャっという小気味の良い音のことも。

そして立ちすくみながら眺めるしかなかった同期や先輩の最期。


そしてとうとう自分が一体も倒すことのなかった巨人について。


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 01:22:56.89 ID:BoOhVN19O


いいさ。
もう過ぎた過去だ。いちいち気を病むことはない。

巨人や壁について腑に落ちないことも多いが深く考える必要もないだろう。


呑気に暮らしている。それだけで十分だ。


今俺は街の食料倉庫の帳簿係をやって暮らしている。
ひどく退屈だが金は悪くない。


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 01:25:46.87 ID:BoOhVN19O


兵団にいた時の給金と16やそこらで働き始めてからせっせと貯め込んだ貯金を合わせて三年前に家を建てた。



この年にしてはなかなか立派なもんだろ?


まぁ土地も資材も今は腐る程あるし当然か。

持て余していた広さもだんだんと
集めた家具によって落ち着けられてきた。


趣味の良い家財道具の数々。


衣装箪笥は光沢の抑えられた黒塗りで、緑と金の大げさな紋様が入っている。


それと部屋に入るなり嫌でも目がいきそうな過剰装飾の座椅子。


王室貴族御用達だったものの払い下げ品。


買い手が付かず投げ売り状態だったものを買い取った。


部屋に彩りを添えるいいアクセントだ。悪くない。


職を見つけた。家を建てた。趣味のいい家財道具を揃えた。

誰かに問いたい。
次は何をすればいい?


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 01:28:09.17 ID:BoOhVN19O


村に帰るなり待ち構えていた村長婦人に俺の家族はみんな喰われたと伝えられた。

街に戻ってきた。


仕事を始めた。


そこで新たな仲間を作った。

家を買った。

誰かに聞きたい

次は何をすればいい?


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 01:32:36.79 ID:BoOhVN19O


104期の他の連中はどうしてるかって?



死に急ぎの熱血漢、イェーガー君はエルヴィン元指令の猛烈な勧誘を受け、王家直属の近衛兵団に入ったそうだ。


調査兵団出身者の中でもの腕利きが少数精鋭で集められている組織らしい。リヴァイ兵長は今でもエレンの上司だ。



ミカサもしばらくはここにいたそうなんだが出産と共に退役したそうだ。旦那はエレンで子どもは2人。


秀才、アルミンはわずか4,5年の間に農業、畜産技術の飛躍的な向上に貢献し食糧生産の効率化に成功した。
いつかこいつの像や記念館ができるだろうな。



ライナーとベルトルトは近衛兵団の勧誘を辞退して中央街の公安警察部隊に入って住民の暮らしを守っている。
2人して仲のよろしいことで。


ただ、あの白くてぴっちりとした制服がライナーに似合うとは思えないな。



アニは女性向けの護身術講座を開いて生計を立てているらしい。

これがそこそこ受けてるらしいから困りもんだよな。そのうちその辺の女に迂闊にナンパもできなくなる。手痛い反撃に会うのが嫌ならな。



サシャは街で一番でかい食堂で給仕係をやっている。
人類の活動領域の拡大は多くの狩猟民を狩猟から解放した。


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 01:34:13.55 ID:BoOhVN19O


サシャもその一人だ。
調理された良質な肉や魚を貨幣で交換できる社会にすっかり味を占めたサシャはその恩恵をたっぷり受けつつ今日も仕事に精をだしている。



つくづく食い意地の張ったやつだな。



クリスタとユミルは共同出資で花屋を開いたそうだ。


目利きのクリスタの花選びの確かさとユミルの意外な繊細さとが見事に調和したらしい。

誰もが見惚れるぐらいよく手入れされた見事な花を店頭に並べているそうだ。



狭い店内が人で溢れかえっているのを何度も見た。
男のリピーターは大方クリスタ目当てだろうがな。


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 01:36:11.00 ID:BoOhVN19O


コニーは狩猟民の暮らしに逆戻りだ。近衛兵団の誘いを蹴ったのはこいつが筋金入りの家族思いで村思いな男だからだろう。

まぁ貯金はあるんだろうし
それなりにゆとりのある生活をしているんじゃないのか?

何せ身の回りのあらゆることをタダでこなせる能力があるんだからな。金の減りようがないだろう。



みんな新しい生活に順応して上手くやっている。


そして俺は近々こいつら全員とまとめて会うことになっている。


六年ぶりの再開、誰が言い出したのか知らないが宴会が開かれるそうだ


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 01:45:46.20 ID:BoOhVN19O


書き溜めしてありますが明日早いので寝ますm(_ _)m

読んでくれてる人がいたらコメントくれたら嬉しいです!
はじめてのSS投稿で何か緊張してますwww


文量的に結構長くなりそうですが暖かく見守ってやってください

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/09(金) 02:10:58.45 ID:4ysQvRdz0

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 02:19:20.20 ID:BoOhVN19O
寝れない、ので
続きを投下しようと思う。

今日は確か進撃の巨人の最新巻の発売日ですよね!楽しみだ( ^ω^ )
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/09(金) 02:20:20.90 ID:2r76cMJAO

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 02:21:51.45 ID:BoOhVN19O


<宴会当日>


俺を迎えにくるために一時的に会場を離れたコニーと会う。


変貌ぶりに目を疑う。


宴会場に選ばれた酒場は料理が格別にうまいらしい。


104期の人間のほとんどが集まっていて幾つかのグループに分かれて飲んでいるとのこと。


一体誰なのか判別できないぐらい髪を伸ばしたほろ酔いの狩猟民に連れられ宴会場に入った。


入るなり目の前でゲロにまみれたライナーが倒れているのが目はいった。


コニーが言う。

「いいね。」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 02:23:24.50 ID:BoOhVN19O


クリスタに迫ったのをユミルあたりに返り討ちにされたのか



それとも
今後のベビーブームに伴う人口増加や新たに生まれる貧困の波といった、何か差し迫ったことに憂いを感じてやけ酒したのだろうが、十中八九違うだろう。


このゲロにまみれた
若き単細胞を担ぎ上げて席まで戻したのが宴会にきて俺が最初にしたことだった。


彼の盟友ベルトルトが精一杯申し訳なさそうな顔を作って駆け寄ってきた。
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 02:24:57.72 ID:BoOhVN19O
ベルトルト「久しぶりの再会なのに悪いなジャン。こいつ飲みすぎちゃったんだ。」



不味くて安いがベロベロに酔えるニガヨモギの蒸留酒を持ってくる酒場のガキもこんな顔をしていた。



俺は決してニガヨモギの蒸留酒が飲みたかったわけではない。
今度もそうだ。





こちらもベルトルトに精一杯微笑みを作ってゲロ臭いライナーの半分を投げ渡した。


ベルトルトの笑顔が引きつった。



「いいって。気にするなよ。それよりお前もこいつも本当に久しぶりだよな。また会えて嬉しいぜベルトルト」




そう言ってやり、やっとの思いで空いた席に乱暴にライナーを投げ置いた。


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 02:26:32.55 ID:BoOhVN19O


すっかり帳簿員の体つきになった俺にはライナーの筋肉で固められた肉体がひどく重く感じられた。




コニーの野郎、戻るなりもうワインの瓶を持たされてやがる。


エレン、ミカサ、アルミン、アニ、クリスタ、サシャ。


馴染みの顔で固められたグループを見つける。



エレン「ジャンじゃねえか!」

ミカサ「ジャン、久しぶり」

アルミン「やあジャン!本当に何年ぶりだろうね!」

クリスタ「わぁ!ジャンだ!懐かしいな!」

サシャ「ジャーン!お久しぶりですぅ!」

アニ「よくきたね」



みんな口々に言った。


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 02:28:52.48 ID:BoOhVN19O


「ありがとよ!みんな久しぶりだな!誘ってくれてありがとな!会いたかったぜ」



何の恥ずかしげもなくこんな言葉が飛び出た。



月日の流れは人を変えるんだ。
向こうもそう思っただろうし俺も痛感した。


まぁ社交辞令の一つぐらい言えなくもないさ。それに多少なりとも嬉しかったのは本当だ。



クリスタ「さぁジャンも飲みなよ!まだ始まってあんまり経ってないけどみんな結構いいペースなんだよね!」


「そうなのか?」


クリスタ「うん!もうシラフなのはジャンとエレンだけってぐらいかな!」




そう言いクリスタが愛嬌たっぷりの笑顔で俺にラガーのジョッキを寄越した。


スベスベした触り心地良さそうな頬が赤みを帯びている。


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 02:31:04.95 ID:BoOhVN19O


アルミン「再会の祝いだから盛大にしないとね。」


すっかり自信に満ち溢れた美青年になっちまったアルミンが無邪気に笑いかけてきた。


ベルトルト「そうだね。何年かぶりの再開だ。多少酔ってもどうってことないさ」



ベルトルトがライナーの方を向いてから苦笑いして見せた。



「そうだな。今日はめでたい席だ。飲もうか」


クリスタ「一杯目はこれでよかったかな?」


「あぁ、いつもこればっかり飲んでるってぐらい大好きな酒だな」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 02:33:08.91 ID:BoOhVN19O


クリスタはかなりいい感じになっていた。

正確には背と胸が前よりも多少大きくなったクリスタだ。
クリスタ。


肩より上で短く、重みを残して切りそろえられたブロンドの髪のおかげで可愛らしさが際立っている。

だが、こうも色気がないのはどういうわけか。




クリスタ「はい!今日はいっぱい話そうね!ジャン!」


ドキッとしてジョッキを受け取り損ねそうになった。




同い年の女がするにはあまりにあどけない笑顔だった。




20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 02:38:57.06 ID:BoOhVN19O


男は綺麗な女と可愛い女が大好きだ。

綺麗で可愛いなら尚のこと。


これは俺がこの数年で確信した
世の中の数少ない真理のうちの一つ。

大多数の男の例に洩れず俺もそうだ。




いつも安酒に酔っては女をひっかけているが今回は事情が違う。


同期が六年ぶりに再会を祝う席だ。こいつは同期であり戦友であり仲間だ。

時には命も助けられた。




兵団所属がもう過去のことであれ、持て余した性欲に身を任せ、こいつに劣情を抱くわけにはいかない。


そんな真似は許されない。




とは言うものの、
クリスタは魅力的だ。


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 02:43:49.97 ID:BoOhVN19O


迷っている。
俺はいまだかつてこんな事で心を労したことがなかったため、新たな苦悩が始まった。

次に会うのはいつになるのやら。
だからこそだ。



かつてこいつを前に玉砕していった勇敢な男どもの心の内が理由が痛いほど分かった気がした。


そして俺は自分の吐いたゲロで震えて丸くなりながら寝ている哀れな自警団のホープに改めて同情した。




「ありがとよクリスタ。」


務めてキザな表情作り上げ、
重いジョッキを口に運んだ。


一杯目はすぐに空になった。


ベルトルト「いいねジャン!」



アルミンは元いたアニとサシャの会話の輪の中に舞い戻っていった。

だから残された俺とクリスタは世間話を楽しんだ。珍しい絵面だな。


互いの近況報告。
仕事、暮らしぶり、住んでいる場所、上司の愚痴、食生活。


どんどん追加されては空になっていくジョッキやグラス。クリスタも俺も。


会話が弾む。


今後の人生の見通しについての話題。


ジョッキが空になる。


家具の配置、買い物先の話題。


もう一杯。

こんな風に心が安らぐのは久々だな。


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 02:50:23.95 ID:BoOhVN19O


ふいにみんなが向こうで繰り広げられるイェーガー夫妻の痴話喧嘩に注目し始めた。

俺も目をやった。


ミカサ「エレンは……最近子どもばっかりで私に構ってくれない。私もエレンと一緒に寝たい。肌を触れ合ってお互いを感じたい。」


目をぎゅっと閉じてエレンに抱きつき駄々をこねるミカサ。


エレン「離れろよミカサ!恥ずかしいだろ!ほら、みんな見てる」



こいつらは通常運行だ。
にしてもミカサは随分と内にも外にも丸くなったな。微笑ましい光景だ。


コニー「みせつけやがって!羨ましいぜこの野郎!」

アニ「よそでやりなー」

クリスタ「エレンも大変だねー!」



方々から愛に満ちた野次が飛ぶ。


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 03:17:30.03 ID:BoOhVN19O


エレンの野郎、髭を伸ばしたのか。色気づきやがって。

見た目は近所のよく構ってくれる気のいい兄ちゃんって感じだな。


しかし今やこいつは二児の父で仕事人だ。それなりに苦労しているのだろう。

時折何かに心底疲れたとでも言いたげな表情が垣間見えたりする。


大人になったんだな。

だがこの席でまで素面ってのはいただけねぇ。


「エレン!飲んでるか!」

声を張り上げる。


「おばちゃん!このパパと俺にウォッカのダブルを三杯ずつだ!」


エレンはあっけに取られた顔をしている。

俺はこの時点ですでにかなり酔っていた。



エレン「ジャン。気持ちはありがたいがな、明後日は議長との謁見があるんだ。それで明日の移動は長……」



すかさず言ってやる。


「早くからパパになって神経すり減らしながらお偉いさんと会うのか!死に急ぐ癖は治ってなさそうだな!いいぜ、嫌なら全部俺が飲むからよ!」


エレンが嫌った表情とエレンが嫌った口調を思い出す。


しかし我ながら安っぽい煽りだな。こんなので………

エレン「抜かしやがったな!ジャン!グラスをよこせ!乗ってやる!」


(しめた、食いついてきやがった!)





「いいか、エレン。コニーが三数える。三数えたら飲み干すんだ。二杯先に飲んだ方の勝ちだ。」




「いいか?」

エレン「いつでもいいぜ」


ミカサ「エレーン。手加減は無用。」


もはやへべれけになったミカサは抑止力としての機能を成してない。




「コニー!カウントだ!」


よしきた!
いくぞ!


いちぃ、にぃー、さん!


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 03:19:32.99 ID:BoOhVN19O


エレンの野郎、髭を伸ばしたのか。色気づきやがって。

見た目は近所のよく構ってくれる気のいい兄ちゃんって感じだな。


しかし今やこいつは二児の父で仕事人だ。それなりに苦労しているのだろう。

時折何かに心底疲れたとでも言いたげな表情が垣間見えたりする。


大人になったんだな。

だがこの席でまで素面ってのはいただけねぇ。


「エレン!飲んでるか!」

声を張り上げる。


「おばちゃん!このパパと俺にウォッカのダブルを三杯ずつだ!」


エレンはあっけに取られた顔をしている。

俺はこの時点ですでにかなり酔っていた。



エレン「ジャン。気持ちはありがたいがな、明後日は議長との謁見があるんだ。それで明日の移動は長……」



すかさず言ってやる。


「早くからパパになって神経すり減らしながらお偉いさんと会うのか!死に急ぐ癖は治ってなさそうだな!いいぜ、嫌なら全部俺が飲むからよ!」


エレンが嫌った表情とエレンが嫌った口調を意識した。確かこんな感じがやつの逆鱗に触れるんだ、と。


しかし我ながら安っぽい煽り文句だな。こんなので………

エレン「抜かしやがったな!ジャン!グラスをよこせ!乗ってやる!」

(野郎、食いついてきやがった!)




「いいか、エレン。コニーが三数える。三数えたら飲み干すんだ。二杯先に飲んだ方の勝ちだ。」

「いいか?」

エレン「いつでもいいぜ」


ミカサ「エレーン。手加減は無用。」


もはやへべれけになったミカサは抑止力としての機能を成してない。




「コニー!カウントだ!」


よしきた!
いくぞ!


いちぃ、にぃー、さん!


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 03:25:37.08 ID:BoOhVN19O


自分が大ぶりなバケツや下水に走る太いパイプにでもなったイメージを張り巡らせた。





口の中に流れ込んだウォッカは食道を通り胃まで一直線だ。


ダンッ!


「っっっ!くぁー!」


間の抜けた声が漏れた。
一杯目は俺だ。


エレン「コニー!次だ!」


エレンが畳み掛けるように次の勝負を急かした。


はいよー
いち、にー、さん!


宿敵、ウォッカのダブルが俺の喉と食道を焼いて胃に落ちる。
まだこんなにあるのかよ!早くしねぇと!


ダンッ


エレン「今度は俺だな!ジャン。次で最後だ!どんどんいこうぜ!」


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 03:28:47.79 ID:BoOhVN19O


二杯目を終えすっかり高翌揚し切ったイェーガー近衛少将殿は勝ちを確信しているような目で俺を見ている。


「まだわからねぇだろ!エレン!」


次のコール。


いち、にー、さん。




ゴクっゴクっ。ちくしょう体が熱い。


飲み干した。勝敗は!?


(あれ?俺?天井?あれ?)


音が揺れ、光が揺れ、空気が揺れている。




アルコールが血流に乗って絶え間無く脳に送られ続ける。



ウォッカのダブル三杯、
惰性で飲み続けたラガー。
クリスタにちょっとずつもらったカクテル、スモモやアンズなんかの。



これおいしーい!
少しもらっていいか?
いいよー!



かつて立体起動で受けた重力。


正面から襲いくる幾重もの空気の壁。
筋肉の束をぶるぶると揺らしながら後ろへ後ろへと流れていく。

教官の怒号。


アンカー射出!


ワイヤー巻き取り!


トリガー絞れ!


木に引き寄せられる。


ぎゅいーん。


チープな優越感。
俺が一番だ。


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 03:41:48.69 ID:BoOhVN19O


(………ジャン!!)

声が……


(…ジャン!大丈夫!?)
誰だ……クリスタか?


重たい瞼の奥から女神の顔が。

大きな瞳に俺が映っているひどい顔だ。



クリスタ「あ!ジャン!よかった!急にひっくり返っちゃったからびっくりしたんだよ!ほら、お水飲んで」


上半身を起こしクリスタの方を向く。



「すまねぇ……その……エレンとの勝負の結果は?」


クリスタ「途中まではジャンの方が速かったんだけどね。きっちりグラスの半分までは。頑張ったねジャン」


アニ「あんた綺麗に真後ろに倒れたね。面白かったよ」





「そうか……」


仕立てのいいお気に入りのシャツの胸元をびっちょりと濡らしているものがグラスの残り半分か。


エレンに賛辞の言葉を。思いっきり取っ手つけたようなやつを。


「エレン!やるじゃねえか!負けたぜちくしょう!」



エレン「バカヤロウ。クリスタとしこたま飲んだ後だったんだってな。気づかず受けちまった俺も悪いけど無理してんじゃねぇよ」


「いらねぇお世話だぜ!」


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 03:45:10.87 ID:BoOhVN19O


ミカサ「エレン、おめでとう。嬉しい。だから私にも構って」

エレン「どういうことだよ!……もう!こっち来いよ!」



兵団にいた時もこんなやりとりがあったな。アニやサシャが俺やイェーガー夫妻を笑ってやがる。
懲りないって思われてんだろうな。


別に悪い気持ちじゃないぜ。
懐かしいよな。


しばらくして
サシャが身を乗り出して叫ぶ。


サシャ「ジャーン!その……ジャンのお皿にお肉が少し残ってるみたいなのですが」


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 03:47:22.52 ID:BoOhVN19O


飢饉に見舞われた街の給仕係が申し訳なさそうに言った。


「あぁ食っちまいな。俺はもう見たくもねぇよ」


サシャ「やった!大好きですよジャン!このお料理が美味しくて美味しくて」



そう言い終わるなり骨のついた肉の塊を口に放り込んだ。


そしてしばらくすると勢いよく骨だけを吐き出した。


……器用なもんだ。



でも、サシャ。嘘でもいい。嘘でもいいから恥らえ。頼むから。


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 04:22:44.83 ID:BoOhVN19O


もしゃもしゃと吸われて無残に吐き出された付け合わせのレモンの残骸を見てこいつの男になったやつの末路が目に浮かび戦慄した。


見てくれは悪く無いんだがな。
だから余計に始末が悪いのか。



うっ……気持ち悪りぃ。
サシャの食べっぷりが今はたまらなく不愉快だ。



俺はあんな飲み方してライナーみたいにならなかったのが不幸中の幸いか。



そういえばライナーの野郎、なんであんなになっちまったんだろうな?



あぁ、ユミルか。
そうだな。ユミルだ。


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 04:24:49.92 ID:BoOhVN19O


そういやユミルは?


「クリスター。ユミルのやつ今日はどうしたんだ?」


クリスタ「あぁー………えっとね…私のことでライナーと喧嘩しちゃってね、それで二人は飲み比べで決着けることになったんだー。それでね……」


クリスタが指を指す。



「え?………あぁ」



ソバカス女だ。打ちのめされたソバカスが酒場の壁に擬態してやがった。


寝てるのか?


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 04:27:23.15 ID:BoOhVN19O


壁と床の交わったところにできる角にすっぽりと挟まるようにして寝ている。


クリスタのかけた白い上着とこいつの青ざめた顔のせいですっかり白い壁に溶け込んでいた。



青白く変色したソバカス女。



ふいに倉庫を回りながら見た新種の芋がこんなだったと思い出す。はるばる海を渡ってきた立派なお芋様を。


確か食うと精がつくんだよな。
身が粘っこいから擦ると糸を引くんだという。



「ユミル!ユミル起きろ!」



クリスタ「わー大きな声出しちゃだめだよジャン!ユミルはまだ酔ってるしお酒好きだから起きたらまた飲み始めちゃうよ!」



「悪い悪い、そうだった。何せ驚いたもんでな。この様子から察するにライナーとはかなり激しくやりあったんだろうな」


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 09:58:57.99 ID:BoOhVN19O

おはようございます( ^ω^ )

読み返して見て思ったのですが

自分のSSって朝一で見るとキツいモノがありますねwww



なんか痛いコピペ







34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 10:00:44.63 ID:BoOhVN19O
ミスwww
なんかよくまとめられてる痛いコピペよりくるものがあったりしますが

一応全部投下しますm(_ _)mもう少しお付き合いくださいませ!
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 10:16:05.19 ID:BoOhVN19O

続きです!


クリスタ「もうすごかったんだよ!二人とも止めても聞かないし。私のために喧嘩しちゃうなんて悲しいよ」


女神は慈悲に満ちた表情で山芋とたっぷりのゲロまみれの大男に目をやる。





それだけ君は愛されてるんだぜクリスタちゃん。君はそれを知っておかなければならない。


無知なことは悪いことで
カマトトぶるのは尚のこと。それは大罪だ。


「クリスタは可愛いからな。男も女も自分のものにしたくて躍起になるんだよ。」



これはあくまで一般論として。


見極めてやる。



クリスタ「もう///!可愛いだなんてそんな!///」


顔を赤くして頬に手をやっている。ウブな反応だな。


少なくとも酒の席で大失態を冒した男に見せる顔ではないだろうが、
いい反応だ。からかってみても面白いか。


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/09(金) 10:18:10.22 ID:dAaIJrLJ0
いいや、面白いし違和感無いぜ
この調子で書ききって欲しい
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 10:18:50.88 ID:BoOhVN19O


「可愛いさ!俺の女にしたいぐらいだ!」目を大きく見開き俺が誠実で馬鹿正直で本当に少し馬鹿かと思わせるような演出する。







クリスタ「からかわないでってば!もう///怒るんだからね!」


ふいに愛おしさがこみ上げてくる。そして気づいた時にはクリスタの小さな体を自分の胸に抱き寄せてた。


クリスタ「ちょ……ちょっとぉ///」


胸の中でも小さなクリスタどんどん熱くなるのが分かる。
どこもゴツゴツしたところがなく柔らかい。そして心が安らぐいい香りがした。





いいね。

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 10:23:07.07 ID:BoOhVN19O
36の方!

ありがとう!
こういうコメントいただけると本当に励みになるんだ( ^ω^ )!


自分の作ったお話に感想貰えるって新鮮ですごく楽しいですwww
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 10:24:58.62 ID:BoOhVN19O


癒されるな。


これは日頃のストレスからの解放だ。

日に日に新たな項目とページ数が追加される帳簿用紙。

原産地、新たな寄港口の名前。延びる勤務時間、今日が二時間、明日が三時間。


糞食らえだ。



クリスタ「恥ずかしいよ~////」

どんどん熱く、赤くなってくる愛しの女神。


上司「キルシュタイン、明日から倉庫が拡大される。あそこは新たに香辛料を貯蓄しておくために使う」


輸送を行う幌馬車の一団。

新たに書き足す帳簿書類。
二ページ、三ページ。

幌馬車一団。
団長の名前は?

「リル・フォーネット、香辛料の中袋を二十包、第三倉庫へ」


延びる勤務時間。

糞食らえだ。


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 10:28:27.12 ID:BoOhVN19O


クリスタ「ジャン~///」

もうちょっと。


無能で料簡と器が狭く、
大した人望もない上司のやたらと気に障る小言。

「キルシュタイン、お前を選んでここに就かせたのはとんだ見当違いの結果だとでも言わせたいのか?この俺に?」

二言、三言。

糞食らえだ。

クリスタ「ジャンってば~///」


いいぜ。乗ってきた。


金のツヤツヤした髪を撫でる。




クリスタ「へ?///もう//なんなのよ~///」


41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 10:34:24.43 ID:BoOhVN19O


恥ずかしがりながらも満更でもなさそうなリアクションがいちいち嬉しいな。


アルコールで麻痺しきった脳はもう俺の行動を遮るような信号を送ろうとしない。


調子に乗った俺はキスをした。



クリスタ「ん……………んー!!///」


さすがにびっくりしたようだ。



俺はクリスタの脳にカクテルをぶち込んでやった。



口を離すと惚けきった顔のクリスタがうっとりとこっちを見ている。



まもなく
遥か彼方からドスの効いた、木槌の一振りみたいな声が飛んできた。


ライナー「ジャーン!!この野郎!!」


声の主はこの純情な肉ダルマだ。



アルミンが待ってましたと言わんばかりにかぶせてくる。




アルミン「さっきから目に余るものがあるよ!ジャン!どういうことかな!?どういうことなの!?」



多分一人では嫉妬に満ちた空しい抗議になるだけだと悟ってのことだろう。


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 10:37:28.35 ID:BoOhVN19O


邪魔しやがって。
しかし何故アルミンがこんなに取り乱しているんだ。





ライナー「俺はこの数年間、片時もクリスタのことを忘れたことはない!無論仕事中でもだ!クリスタは俺の運命の人なんだ!邪魔しないでくれ!」


然るべき時期とタイミングで童貞を捨てきれなかった男は平気でこんな事を口走ってしまうのだろう。


アニ「いや、集中して働きなよスケベ。だからあんたは馬にまで嫌われるんだよ」


意図せぬ横槍に俺とアルミンは笑いを堪えて下を向いた。



ライナー「な、な、な!なにお!!あ、アニ!し、しつれいな事を抜かすな!」



なにお!だってよ。



ら、ら、ららいなーは
ど、ど、童貞を卒業で、できず
に、に、にじゅういちねん


頭に浮かんだこのフレーズが何度も何度もリピートされる。


アルミンも下を向い笑いを押し殺している様子からして多分似たような事を考えているのだろう。


43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 10:40:22.50 ID:BoOhVN19O


ライナーは女性の攻撃に対してめっぽう打たれ弱い。



被ったすべてが一通りダメージとなる。



結果、この場では戦意を削がれたようだ。




アルミンの癇癪も一気に収まった。


アニ、今度好きなもんおごってやるよ。



トロトロになったクリスタをアニに引き渡した。アニはめんどくさそうにクリスタの頭と腰に手を回し、支えた。


話の分かるいい奴だ。


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 10:45:17.99 ID:BoOhVN19O


俺には制裁がまっている。


名前も知らない男がやたらと肉迫して俺を責め立てる。



「ジャン。貴様なにをしたかわかっているのか?あ!?」


しらねぇなぁ。


ダズ「ちくしょう!俺の、俺らの夢を!!希望を!独り占めにしやがった」

しらねぇなぁ。





この後俺は大勢の野郎共に袋叩きに会うことになった。


腐ってもこいつら元は軍人だ。
ダメージは並一通りでは済まなかった。




俺の顔を二度と見たくないって言い出す奴も少なくなさそうだな。


揉みくちゃにされ、誰のものとも知れぬ肘が鼻にヒットした。


最初に俺を責め立てた奴の顔に鼻血の雨をお見舞いした。







便乗して加わってきたライナーの嗚咽が妙に痛々しく感じた。


野郎、酒のせいで息も絶え絶えだ。


悪かったよ。




45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 10:58:19.03 ID:BoOhVN19O


鼻血で顔をぐっしょりと濡らしながらノコノコでてきたところをコニーに指を指して笑われた。



サシャがさっきのお肉のお礼です。と言いたげな顔をして、
厨房から貰ってきた肉料理の余分な油を吸い取る神を渡してきた。




狩猟民族はこういうところにある一定の分別を持っていないから怖い。


エレンが俺に、暗に自業自得だと諭しかけるような目線を送る。


十分に険しい表情だが奴も酔っている。

俺を睨みつけるのに夢中で横から飛びついたミカサに驚きヒョッ?っといったような情けない声を出した。




そして鼻を抑えながら酒場をでた後むっとした表情のクリスタに手を引かれる。



「クリスタ、余り急かすなよ。体中痛いんだ」


クリスタ「そう!見てたよ!災難だったね!」


からかった罰として本人直々に説教を食らうことになった。


クリスタ「もう!……なんであんなことしたの?」


「すまん。酔った勢いに身を任せるて……本当にすまん。」



クリスタ「デリカシーのない人は嫌いだよ。もう」


これはやっちまったな。
しばらく邪険に扱われて、兵団の女の評判は急降下だ。

「ジャンって最低」
「介抱してくれてる女の子にあれはないよね」


クリスタ「けど………」


ん?


クリスタ「酔ってたんだから仕方ないよね。水に流そう」

あぁそうだ。酔っていた。
でもそんなに気持ちよく割り切れるものなのか?


「いいのか?」
いいのか?


クリスタ「もっかいハグしてよ」


戸惑いつつ言葉に従う。


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 11:01:49.73 ID:BoOhVN19O


勿体つけたようにうやうやしく
クリスタの肩に腕を回す。


クリスタ「ん///……はずかしいね………これ」


俺も柄にもなくドキドキしている。



「その……気が済んだか?」



空気に耐えきれず一言。
しかし




クリスタ「もう少しだけ///」


47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 11:04:58.89 ID:BoOhVN19O


暗がりから覗くクリスタの顔どことなく幸せそうにも見える。
目を合わせてくれない。




言え、キルシュタイン!
間違いない!

"脈あり"だ!


「そのさ、クリスタ。今日の事、責任取らせてくれよ」


クリスタ「…………え?」


「付き合いたいって言ってんだよ!今日好きになった!ここ一、二時間の間にだ!しかも酔ってる!今もだ!でも俺と付き合え!幸せにしてやる!お前が必要だ!」

よし。


クリスタ「え………あはは。そんな………………その…」



…………。
なにが「よし。」だ。


俺を悪く思わせないような返答に使う言葉を必死で搾り出しているように見えた。


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 12:37:02.47 ID:BoOhVN19O
更新が飛び飛びになって申し訳ない(T_T)

いまでも読んでくれてる方いらっしゃいますでしょうか
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/09(金) 12:43:27.25 ID:DfINfd5LP
まったり読んでるから、好きなペースで書きなされ
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/08/09(金) 12:50:18.51 ID:p1wmSoMU0
ジャン…一度でもいいからマルコのことを思い出してあげてください……
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/09(金) 13:07:20.55 ID:mLjlQh9Io
これはなかなか
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 14:08:03.68 ID:3BS24JpE0
サシャ神なんて出せるのか…
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 14:33:14.54 ID:BoOhVN19O
みなさんありがとうございます!


ベタなミスですが紙の誤変換ですねwww
ご指摘どうもです( ^ω^ )


それでは書きあがったのでラストを投下していきます!




54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 14:41:06.14 ID:BoOhVN19O


この場合、理想的なのはあっさりぶった切られることだ。
辛辣な言葉でこっぴどく、
なら尚よい。


その方が楽だからな。いくらか諦めもつきやすいだろう。



頭に浮かぶのは今までの華々しい女性遍歴や甘い記憶ではなく、俺にとどめを刺した最後の一撃。


俺の頭の中のノートのうち、一番汚い一冊からの引用。



「あんた一体何様なのよ!二度と近づかないで!この女好きのろくでなし!」


「傲慢な男ね。あなたなんかに好かれて不名誉極まりないわ。」


「もしあんたなんかが私を口説き落とせるでも思ってるなら、それは私への最大の侮辱だわ」



「「「身の程を知りなさい」」」



だから俺も言ってやる。

(失せろ醜いアバズレ女!お前の男なんかこっちから願い下げだ!)



俺に使い古された定型文だ。
年季の入った使われ方をした、俺だけの。


汚い罵声の応酬だけで解消されてきた関係を懐かしく思う。


これは未知のシチュエーション。
だから………


頼むクリスタ!お手柔らかに頼む!後生だから!


「そうだよな!こんな事を酔った口で言われてもムカつくだけだよな!」

心のどこかでは
いけると思ってたのにな。

クリスタ「そうじゃないの///」

「?」


55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 15:00:37.31 ID:BoOhVN19O


クリスタ「今まで、面と向かって告白されてこんなにドキドキしたことなかったから……///」


クリスタ「私さ、お店開くために時間いっぱい使ったの。わき目も触れず頑張ろうと思ってね。
だからまだ男の子と付き合ったことないんだ///だから………幸せにしてよね、ジャン///」


………。



呆けた口をパクパクさせた。


なぁ……マルコ。



お前、どう思ってる?


俺は罪深汚きくそったれのうちの一人か?


56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 15:14:10.94 ID:BoOhVN19O


これもいつもの遊びの一環か?

それとも今まで俺を助け続けた悪運の最後の悪あがきか?

クリスタは酒場の若くて馬鹿だが
金だけは持っている過剰装飾の座椅子みたいな女と一緒か?


違うよな。



裏切れねぇよなこんな笑顔されちゃあ。


クリスタは始めて心を許した男との成就した恋愛に胸をときめかせている。


胸に手をやり落ち着きなく上体をフルフルしている。
フルフル、フリフリ



(アルコールがみせた錯覚かも知れないだろ?)

だがな、
これが素面でも何度でもおんなじことを言ってやる。


ちょろいだなんて毛ほども思っちゃいけねぇんだ。


俺は女たらしで二枚目で有能な帳簿員。


大きな家と趣味のいい家財道具。

今この瞬間より、愛の意味について知ろうとしてるんだ。


俺はこいつの純粋さや根の優しさや、誠実さに惚れた。
俺はこいつに幸せにされてきた奴らと同じぐらいこいつの事を幸せにしてやりたい。


「任せとけって」
そう言ってクリスタを強く、強く、心を込めて抱きしめた直後だ。


涙に顔を歪ませたライナーが現れ


「幸せになれよ。二人とも。」
震える声でそう言い、俺の顔を力いつまぱいぶん殴った。

天を仰ぐ、

酒場から漏れる薄明かりが視界の隅に入り、流れる。


ゴッッ!よし頭は守れたな……



星なんか互いを紡いで線になってる。


最高の気分だ。



ぬかるんだ地面に大の字になって空を仰ぐ。



最高の気分だぜ。




ーおしまいー


57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/09(金) 15:20:02.51 ID:BoOhVN19O

くぅ疲これ完w



おしまいです!
かいていて最高に楽しかった( ^ω^ )

みなさんお付き合いいただき、
本当にありがとうございました!



さて、新刊買いにいかねば!


また機会があればなにか書くかもしれません!本当にみんなありがとう!
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/09(金) 15:38:17.89 ID:mLjlQh9Io
乙。ライナーえらいぞ!